2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

イベント・アーカイブス(2018以降)

CD

ピアノの楽譜

フルートのこといろいろ

2019年4月14日 (日)

フルートの歴史~有田正広さんの講座をお聞きして

一般にいま現在、みなさんが「フルート」と聞いて思い浮かべる楽器は、ドイツのフルート奏者で製作者の

テオバルト・ベーム


が19世紀半ばに開発したものです。

 

P1010730_sp0001_f
こういうのですね(`・ω・´)b

 

歴史とともに、フルートも変遷してきたわけです。

ベームフルート誕生の背景については、以前にこちらの↓ 前田りり子さんの本で読みまして、大変感動したので、

 

Dsc_0429

今回は有田正広さんのお話が聞けるとあって、イソイソと出かけてきました。

 

Dsc_3597

こちら、当日いただいた有田さんがまとめられた資料です。メチャ貴重!家宝にしよう。


いつの時代も、それまであったものと、新たに新興してきたものとの摩擦というのは世の常かもしれませんが、
単に、新しい優れたシステムのものが開発されて浸透していった、というようなことではなく、


フルートとは、音楽とは、時代とは、歴史や未来とは、どうあるべきなのか!と、

当時たずさわった人たちが本当に苦悩し、翻弄され、それでも歩みを続けて…そして現代の私たちは、これを受けて楽器や音楽をどう考えていったらいいのか!・・・というところまでのすごくすごく深いお話で、


また、当時の楽器を実際見て、演奏を聞くこともできまして、


目からうろこがボロボロ落ちまくりまして、本当にいい機会になり、感動して帰ってきたのでした。

 

感動冷めやらぬので、何人かの生徒さんにこのお話をアツ苦しく語ってしまいまして、
引かれていないか少々心配なワタクシです。


ここにはとても書ききれないけれど、ひとつだけ…。


みなさん、お持ちの楽器はどうか大切にしてくださいね。

値段とかそういうことではなくて。

 

フルートの歴史を知れば、楽器のことがもっと大好きに、大切に思えることでしょう(*´ω`*)

 

 

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:♪
✎関連記事

♪前回、有田正広さんの講座に参加した時の記事はこちら
古典派音楽の演奏法①

古典派音楽の演奏法②

♪前田りり子さんのコンサートの記事はこちら
http://petitmusicien.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-7b10.html

 

 

ずっとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
🎵音楽教室プチ・ムジシアン🎵
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)
 LESSON http://flute-lesson-bird.jimdo.com/ 

2018年9月24日 (月)

2018年発表会レポート③

この夏のただならぬ暑さ…ヾ(;´Д`A

ただただ、レッスンを体調を整えてこなすのを目標に、「無理しない、無理しない」と自分に言い聞かせて過ごすようにしていました。


みなさまは無事、この夏を越えられましたでしょうか。
この暑さの中、レッスンに通い続けられた生徒のみなさん、そして保護者の皆様、本当大変でしたね、ありがとうございました。

レッスンへの行き帰りが心配で、冷たいお茶やおしぼりを用意したり、暑い時間に歩いて通ってくる子たちには保冷剤を帰りに渡したりしていましたが…こんな夏は初めてでしたね~。

やっとお彼岸、暑さもだいぶ落ち着きましたね。
そんなわけでブログもそろそろ復活です。
発表会レポート…このペースじゃ今年中に終わらないようぅ(。>0<。)




♪゜・。。・゜゜・。。・゜♫゜・。。・゜゜・。。・゜

今日は、小学生フルート&ピアノ部門です。



きれいな鈴の音

Dsc_3070


小学校2年生。お母様との共演で選曲は、本人の希望で決まりました。
難しい運指もある曲で、フルートも重くて大変だけどがんばりました。
前回の発表会はソロはピアノのみ、フルートは合奏での出演でしたので、フルートソロでは発表会初参戦です。
年長さんから、樹脂製フルートでレッスンを始め、2オクターブ程度ふけるようになった昨年夏ごろから、U字管フルートを使用しています。樹脂製よりキィが押さえやすくなったことで音が安定し、アンブシェアの形も上手につくれるようになってきて、グングン上達しています。最近はタンギングも入れられるようになってきました。
そしてピアノのステージは

ガラスのくつ


Dsc_3035

バレエもしている彼女にピッタリな曲だなと思いオススメしてみたところ、大変気に入ってもらえました。譜読みはほぼ自分でできますし、具体的な演奏プランも自分の考えを持っていて、「こんなふうにしたい…」と小さな声で、しかし、しっかりと話してくれます。
お母様も音楽や芸術がお好きで、自然とそういうものに触れる機会が多いことが、彼女の音楽に向かう姿勢につながっているのだと思います。
そして、持って生まれた好奇心のエネルギーが本当に高い!これを維持しているのもご家庭のサポートのおかげでしょうね。





アメイジンググレイス

伴奏:山内 優先生

Dsc_3081


小学校5年生、フルートを始めて10か月です。
「聖者の行進」のピアノボーイのお姉さん。使用楽器はYAMAHAのU字管フルートです。
習い事をするのが初めてで、最初はかなりとまどいがあったようですが、いろんなことをちょっとずつ乗り越えて、短期間でほんとうに成長しました。
とっても恥ずかしがり屋さんですが、じつは相当~~~に負けず嫌いなことを先生は知ってるのよ~負けず嫌いって、大切ですよね。
今回は3拍子に苦労していましたが、繰り返しを増やすことも、暗譜で出ることも自分で決めて、みごとチャレンジをやってのけました。ちょっと自信がついたのかな
フルートをやることで知らない自分に出会えてもらえたこと、とてもうれしく思いましたし、こういう姿を見られて感動しました




っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
音楽教室プチ・ムジシアン
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。) 
LESSON http://flute-lesson-bird.jimdo.com/





2018年3月 5日 (月)

自分超え、おめでとう\(^o^)/

2月最後の日曜日、教室サロンにて弾き合い会無事開催できましたヽ(´▽`)/


Fotojet1_1_2



Fotojet2_1


Fotojet4_1


折からのインフルエンザ大流行で、レッスンが空いてしまったり、直前レッスンに来られなかったりという中、当日も2人お休みにはなってしまいましたが、
総勢19名、22プログラムの色とりどりの演奏を披露していただきました。



今回、わたしが一番感じたこと、それは、



自分超え、おめでとう\(^o^)/!!!




松○修造さんじゃないけれど…
みなさんそれぞれに、ここに来るまでにはドラマがあるんですよね(*´ω`)

初めて出演する人は、人前に一人で出て行って、演奏するってすごくこわかったと思います。すごく勇気がいったと思います。
その一歩を踏み出せておめでとう\(^o^)/
 
1年間、フルートの音がでなかったおちびさん。
直前に突然出るようになりました。
長い間あきらめなかったこと、すばらしいです、おめでとう\(^o^)/


自分で課題を見つけ出し、地道に練習しつづけています。
その力、しっかり身になっていますよ!
それを演奏に出せて、よかったですね、おめでとう\(^o^)/


ハプニングに負けずしっかり演奏して楽しめました!おめでとう\(^o^)/


などなど、、、
紹介しきれない数々のエピソードがございまして…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

みなさんの過程と本番を見て、このように素晴らしい力を出す姿をたくさん見せてもらって、本当にみなさんいいなぁ、すてきだなぁって思いました

ありがとうございました



個人的には、ピアノがんばれたのでよかったです。
学生の頃を思い出しました…


今回伴奏をしたことで今までにない収穫がありました。
今後はもう少しこういうことをしていくのもいいなと思いました。




最後になっていまいましたが、ご家族の皆様のご協力本当にありがとうございました。
本当にすてきな、素晴らしいご家族ばかり

このようなご家族のおかげで私たちは音楽を続けていくことができますね。



私も今回も母にずいぶん助けてもらいました。
(ピアノを弾く時間を作ってもらいました…そして、叱咤激励?!)





次はみなさん、6月の発表会ですよ~

また輝く姿、見せてくださいね!

っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
音楽教室プチ・ムジシアン

petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)
LESSON http://flute-lesson-bird.jimdo.com/




2017年5月 3日 (水)

たたいて知ろう、リズム・からだ・うごき♪

おやこ教室&ワークショップを開催します


Photo_2


Perchp_2


昨年も実施していただいた、中田麦先生のパーカッションワークショップを今年も開催できることになりました!


午前はおちびさん向けに親子で参加できる楽しいたいこ教室♪

午後からはレッスンをしているみなさんにワークショップをしていただきます。


昨年参加の方の音もすごく変わったこのワークショップ。(昨年の記事はこちら。)


パーカッションをたたくことで腕や体の動きを知って、なにかみなさん気づきがあればうれしいです
 

ぜひご参加くださいね!



*午後からのワークショップは当教室の生徒様・関係者の方が対象のイベントです。
 
 





っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
音楽教室プチ・ムジシアン
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)

2017年3月 2日 (木)

耳は大切2

3月になりました。

にっ、2月は早かったぁ(;´д`)

Dsc_2395_1
これは、ワタクシの母のお雛さまです

えっと、今日は前回の耳のお話の続きを書きますね

前回の記事

お薬を飲んで数日、効いているような効いていないような…あ、でもちょっとマシかな~なんて思い始めたころ。

フルートを練習していたら、、ん?なんだか音が2つ聞こえる…。そして、

ハモって聞こえる((・(ェ)・;))

つまり、ド~レ~ミ~と吹くと、ラ~シ~ド~っと、いっしょに聞こえてくるんですねえ。

始めはフルートがこわれちゃったのかと思いましたが、生徒さんに聞いてみても、「1つしか聞こえないです。」と言われるし、

レッスンしていると、生徒さんの音も2つ聞こえる…。

歌っても、声が2つ聞こえる…( ̄◆ ̄;)

う~ん、つまり耳がおかしいってこと~~(>_<)?!

で、またしてもお医者さんに行ってきたのですが、ハモって聞こえる症状は説明してもわかってもらえなかったです(^_^;

しかし聴力は回復してきているということで同じお薬をもらっておしまいでした。

その後じょじょにハモリはうすくなっていき、数日で治りました。

なんだったのかしら(;´д`)

演奏していて自動2重奏になるのはちょっと面白かったですけど、常に3度下の音しか聞こえないので意図したコード(和音)ではないことと、聞こえ方が響くような感じがすること、そしていちいち聞こえるのはけっこうストレスでした。

そしてフルート2重奏すると私の頭のなかではつまり3重奏になるわけで(しかも鳴ってほしい音と違う和音!)、頭がこんがらがる

という、ちょっと思いもかけない経験をしたのでした。

これで一生このハモリと生きていくのかしら…とちらりと考えましたが、治ってくれてほんとによかったです。

どうも、風邪をひいた後にリンパなどが腫れて影響がでたのだと自分では考えています。

このあとに風邪を引いたとき、同じことが起きたので。このときは音も小さめで、1日で治りました。

体を大事にしなければいけないと痛感したできごとでした。

っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
音楽教室プチ・ムジシアン
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)

2017年2月22日 (水)

耳は大切

あっという間に2月ももう終わりだというこの事実( ̄Д ̄;;

2月は体調不良のお休みが多かったです。
風邪、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎…そしてうちの父は何度目かの溶連菌感染…(お父さん、もうヤメテ―)


そういう私も気をつけないといけないです
今日は自戒と備忘録を兼ねて耳のお話です


始めに言っておきますが、今は絶好調ですのでご心配なくですm(_ _)m
 
 
さて昨年の12月に入ったころのことです。
なんだか、耳の調子がおかしい。

両手で耳をふさいだような、こもったような感じです。
昨日までなんともなかったし、いままで耳の不調ってほとんど経験のないワタシ。

4日ほどしても症状に変わりがないので耳鼻科に行きました。
耳鼻科行くのって小学校くらいのときに一回行って以来じゃなかろうか。

聴力検査もしてもらったところ、聴力に異常はなく、ただ正常の範囲内で低域がやや落ちているということでした。



ほかにとくに異常もなく、先生が
「……ちょっ~と、疲れたはりますぅ???」

と。

「あ、はぁ、疲れて…はいますねぇ。」

とワタシ。
 
「軽度の内耳障害を起こしてはるのかもしれないので、血流をよくするお薬と、神経の働きを回復させるお薬を出しますから、それ飲んでもらって、あと、よぅ寝てくださいねぇ。」
 
と言われ、お薬いただいてその日は終了。
 
夜更かし派のワタシですが、お薬を飲んで早めに寝るよう心がけました。




で、もうちょっとこのお話続きがありまして。
また書きます。ひっぱってすみません~~




ちょっと和むように、-1、2℃でも外でかわいくがんばっているワタシの多肉などご覧いただければ
Dsc_2400
 
はやくあったかくなるといいですね



 
っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
音楽教室プチ・ムジシアン
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)

2016年9月21日 (水)

フォリア

生徒さんがマラン・マレの「スペインのフォリア」に取り組んでいます。





このところ、C.P.E.バッハのソナタ→テレマンのファンタジー→マレのフォリアという流れで、ずっとバロックの無伴奏づくし。


フルート1本だけで演奏する無伴奏曲は、自分の自由にできる魅力がある反面、言い換えるとすべて自分でしなければならないという難しさがあります。

音のないところの音楽までよく知り、表現し、ひとりで組み立てていかなければ、というところで、取り組むのに大変努力をされていることが毎回のレッスンでよく伝わってきます。


だからわたしもついつい、高い要求を出してしまうのですが( ̄▽ ̄)

いやぁ、楽しくて、つい…。


この無伴奏という世界、これはまたこれの面白さが非常にあるものですから

無伴奏好きの仲間が増えてうれしいです(笑)



それにしてもお仕事とご家庭をお持ちのうえで、ご自身がフルートを吹くうえで、もっともっと何かあるんじゃないかと探求する姿勢をお持ちなことに感服いたします。


わたしもそれに応えるレッスンをしなければ
もっと勉強していかねばいけません。




わたしがとにかく聞いていたのはグラーフ先生の録音です。

グラーフ先生のフォリア、なんとアマゾンでダウンロードできるようになっていました…。


このフォリアをいったい何度聞いたことでしょうか


この無伴奏のアルバムはですね、とにかくカッコイイ!すごいです!

フルート1本だけで語られるこれだけの世界があることに衝撃をうけた当時のわたし…。いくら聞いても飽きることはありませんでした。聞けば聞くほど深く大きな世界が広がるのですよ…。


それにしても…ああ、なんて時代なんでしょ。

このリンクはあくまでもご紹介ってことで…
みなさん、CDを買ってね~










♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。
無料体験会を開催します

2016年9月24日(土)13~17時
宇治教室にて

お申込みお待ちしております
♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。

っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
音楽教室プチ・ムジシアン
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)
LESSON http://flute-lesson-bird.jimdo.com/

2016年8月 2日 (火)

マリンバおやこコンサート&パーカッションワークショップ

20160821_2
Pc


夏休みの特別企画として、「マリンバおやこコンサート」と「パーカッションワークショップ」を開催します。


2016年8月21日(日)
音楽教室プチ・ムジシアン宇治教室サロンにて

*対象:教室生徒様・関係者のみ

 

マリンバ・打楽器奏者の中田麦さんにご協力いただきまして実現した、とってもぜいたくな企画です!!


中田さんの素晴らしい演奏を超!間近で子どもたちに聴いてもらえます。

ワークショップは、腕の動きや脱力など、演奏に役立つエッセンスがつまっています。



とてもとても貴重な機会。ぜひ受講していただき、この体験を今後に活かしていただければと思っています。

 


っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
音楽教室プチ・ムジシアン
 
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)
LESSON http://flute-lesson-bird.jimdo.com/

 

 

 

 

2016年7月10日 (日)

古典派音楽の演奏法つづき

今日も暑いですね~
みなさま、すてきな日曜日をお過ごしですか

先日書きました「古典派音楽の演奏法」講座の記事の続きを

この講座で有田さんがおっしゃっていたことで印象的だったことが2つあります。

ひとつは、

「今日の講座で勉強しようとか、何かを得て持ち帰ろうとか、思わないでください。」

ということ。

もうひとつは、

「あとは推してはかるべし!です。あなたなら、さあ、どうしますか?」と演奏者の方に何度も聞いておられたこと。

結局、その時代の音楽や楽器をいくら研究して再現できたとしても、それがはたして感動できる音楽になるのかどうか、それが問題だ、ということを強調されておられました。

どう読むのか、どう知るのか、何を考え、どう演奏するのか、それをひとりひとりに考えてほしい、という思いが講座を通して伝わってきました。

それが一番大切なのに、ともすると「演奏すること」が目的になって、音楽が何なのかっていうことがわからなくなっちゃうこと…ありがちなんじゃないかと思います。

「音楽家」って何をする人なのか。

中世からの「音楽家とは」という定義や、楽語に隠された意味などを知り、感動を覚えました。

わたしもよく自分のことを振り返らなくちゃ…と思いまして、この講座から1週間後にあった自分のコンサートでは「音楽」をやるべく、自分なりに取り組んでみました。

これは、もう一生のテーマ…?

勉強しちゃいけないけど、べ、勉強になりました、すごく、すごく…

でも、そういう意味ではわたしも自分のレッスンに置き換えてみると有田さんの意見に賛成ですね。

それぞれが何を考えて、どう演奏するか、そういうレッスンをしていきたいと思っています。

モーツァルトのファンタジーニ短調k.397を帰っておさらい

Dsc_2027

このように、すこし知っていくだけで時代や国を超えて、共感したり、感動したり、元気づけられたりして、音楽って、やっぱりすばらしいなって思います

っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
音楽教室プチ・ムジシアン
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)
LESSON http://flute-lesson-bird.jimdo.com/

2016年7月 7日 (木)

七夕の願い

今日は七夕ですね

子どものころは近所から笹をもらってきて飾りつけなどをしたものです。

めずらしくお天気がよかったので今夜は織姫&彦星は会えたでしょうか。

わたしの願いは…

そうですね、おばあちゃんになってからも1日でも長くフルートを吹いて、レッスンをして、楽しい生徒さんたちに囲まれていることかな。

みなさまの願いが叶いますように

Dsc_2059

っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
音楽教室プチ・ムジシアン
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)
LESSON http://flute-lesson-bird.jimdo.com/

より以前の記事一覧

music on/off

  • ♪フルート演奏をお聞きいただけます♪ドビュッシー作曲「亜麻色の髪の乙女」/フルート演奏:藤井陽子

プチ・ムジシアンへのお問い合わせ

みんなのコンサート・インフォメーション

フルートの本・楽譜

  • ♪図解でわかるフルートの正しい指使い
  • ♪いちばんやさしいフルートレッスン
  • ♪二重奏曲集2
  • ♪二重奏曲集1
  • ♪曲集:フルートパートナー
  • ♪フルートの肖像/前田りり子
  • ♪フルートテクニックの総点検
  • ♪The Singing Flute
  • ♪ザ・フルート120号(P-L.グラーフ先生の特集)
  • ♪ザ・フルート121号

楽典・ソルフェージュ

ボディワーク・メンタルトレーニング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

趣味なび

  • 教室・スクール検索『趣味なび』

音楽教室検索