2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

CD

ピアノの楽譜

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

2016発表会レポート③~第2部の演奏~

あっというまに2016年最終日!
みなさん、今年もレッスンお疲れ様でしたcafe

さてさて、それではぜんぜん続きが書けないままでしたが…(;^_^A
第2部のレポートだけでも今年中に!

 

♪:;;;:+*+:;;;:+*+♪:;;;:+*+:;;;:+*+♪:;;;:+*+

<作曲・ピアノ>

「あかいゆうひ」
「思い出のアルバム」

Dsc01454_2_800f


当教室の作曲家です。ピアノを始めて1年と少し、作曲活動も続いており、今ではト音記号・へ音記号の登場する両手奏の曲になっています。「あかいゆうひ」はお花畑の夕焼けの様子を思い浮かべて書いたそうです。とても独創的な風景だと思いませんか。曲にもストーリーができてきて、とても夕日の感じがする曲でした。これからも新作を発表していってもらいたいですshine「思い出のアルバム」は左手の和音が何種類もあり、8分の6拍子も初めてでしたが、ほんの数週間前には和音を知らなかったとは思えない、しっかりとした演奏を聞かせてくれました。「ソのシャープ」が難しかったそうです。演奏後は参加賞のプレゼンター係をしてくれました。




<ピアノ>

「時の踊り」

Dsc01462_800
オープニングではご挨拶係を、合奏はフルートで、そしてソロはピアノと大活躍でした。音楽と、バレエが大好きな彼女のためにおすすめしたこの曲をとても気に入ってくれたようです。小さな体に、底知れぬエネルギーと根性を秘めている彼女。練習への取り組みも、自ら課題を見つけ努力できる人です。とにかくいろんなことを知りたい!できるようになりたい!と思っているようです。朝のリハーサルのあとにはほかの人のリハーサルを聞いたり、本番ではみんなの演奏を最後まで聞いていました。次回はフルートソロもできるといいねclover



<ピアノ>

「ポンポンピアノ」
Dsc01468_2_800f

第1部でバイオリンを披露してくれた真希先生の生徒さん。ひとことには「げんきいっぱいひきます」と書いてくれていましたが、言葉の通りげんきいっぱいに、でも落ち着いてしっかりと弾いていました。その落ち着き、うらやましいですcatfaceきっとバイオリンもピアノも一生懸命たくさん練習してきたのでしょうね。初めての発表会、楽しんでくれたかな。また会うのが楽しみです。第3部では、お姉さんと参加賞のプレゼンター係を担当してくれました。



<ピアノ>

「にじ」

Dsc01475_800f_2
記事「きれいに弾きたいから」の女の子。発表会に向けては「もう~泣きながら練習してます~~(笑)」というお母様からの情報もありましたが、ピアノを始めて3年、レッスンでも涙と笑いの日々で思い出がいっぱいです。ここまで乗り越えた壁が彼女をとても成長させ、努力の人にさせました。本当に上手になりました。実は、本番では1オクターブ高く弾き始めてしまうアクシデント!始めの音を弾いた瞬間に気がついたんだそうですが、弾きなおさずにそのまま最後までいい演奏をキープし弾ききりました!なので先生はてっきり気づいていないのかと…気づいていないのなら、どうか最後までそのままで…!と祈っていたくらいです((・(ェ)・;))度胸と対応力に脱帽です!彼女もプレゼンター係をしてくれました。



<フルート>

「愛の夢」

Dsc01488_2_800f

お嬢さんの伴奏で、初めての親子共演♪同じおうちに暮らしていても、いっしょに練習する時間をとるのはなかなか大変なものです。合わせるのが難しい部分もあって、何度も二人でレッスンに来て工夫を重ねました。リードしたり、ゆずったり、お互いに聴き合って、刻々と変化する音楽を感じて対応していく難しさと面白さを味わってもらえたのではないでしょうか。親子共演、あこがれる方は多いけれどけっこう実現させるのは難しかったりします。貴重な機会、いい思い出にしていただけたのではないかと思います。





<ピアノ>

「アラベスク第1番」

Dsc01504_800f
何か名曲と言われる曲のレパートリーを持とうと、長い時間をかけて取り組んできたこの曲。高校生の今、もっと想像に満ちた、人に伝わる力をもった音楽を奏でてほしいと思い、ドビュッシーのこと、作曲スタイル、歴史や文化的背景、身体の使い方、ペダルなど、多方面から音楽を知ってもらうようにしてきました。モネ展へ出かけたりして、自らいろいろと吸収・模索してきてくれた結果、意味を感じさせる音というのがほんとうに増えてきたなあと感じます。宣言通り、本番が一番いい演奏でした。勉強や塾で忙しい中、レッスンへは「癒されに来ている」そうですconfident合奏ではフルートで参加してくれましたが、好きなことを続ける力はきっと未来へとつながると思います。


<ヴァイオリン>

「コンチェルト第1番イ短調(アッコーライ)」 (伴奏:浦 史子先生)

Dsc01516_2_800f

ヴァイオリン姉妹のお姉さん。コンチェルトというだけに、様々な技術の詰まった曲でしたが、何度もピアノ合わせでトライしていた細かいところも丁寧に弾いていました。中学生ともなると勉強も忙しくヴァイオリンの練習を生活に組み込むのが難しいそうですが、発表会を機に練習がずいぶんと日常に入ってきたということでした。これからも姉妹仲良くヴァイオリンを続けて音楽の楽しさを発見していってもらいたいです。





♪:;;;:+*+:;;;:+*+♪:;;;:+*+:;;;:+*+♪:;;;:+*+


第3部のレポートは年を越してしまいますが…(;´▽`A``

来年もどうぞよろしくお願いします。


皆様よいお年をお迎えください!!









っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
notessnow音楽教室プチ・ムジシアンsnownotes
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)
LESSON http://flute-lesson-bird.jimdo.com/


2016年12月 7日 (水)

2016発表会レポート②~第1部の演奏~

発表会レポート①合奏編をたくさん見ていただきありがとうございますhappy01

12月に入り、少々焦っているワタシ。
おちび生徒さんたちはみな早々にサンタさんにほしいもののお願いを完了したそうですxmas(*^m^)


それではおまたせしました、第1部の演奏をレポートしますkaraoke


♪:;;;:+*+:;;;:+*+♪:;;;:+*+:;;;:+*+♪:;;;:+*+

<弾き歌い>

「ウルトラマンタロウ」
Dsc01401_800f
こちらの記事の男の子です。ここから発展し、発表会デビューすることになりました。メロディを弾いているのは私ですが、4分音符できざみながら歌うというなかなかすごいことをしています。しかも1回目は右手のみ、2回目は両手で、3回目は右・左の交代と、アレンジを変えて。興味があることとピアノが結びついたことで、やる気と自信が芽生えたようで、出てくる言葉が「できない、しらない」から、「できる~、しってる~」に変わってきました。よかったねcloverただ、彼の中では興味がすでにタロウからジャックに移ってしまっているのでした(笑)




<ピアノ>

「きらきらぼし」


Dsc01334_800f

やる気はあるのですが、ためらいが先に立ちお母様に助けを求めに行ってしまう彼女。何か自信を持てるきっかけにしてやりたい!というのがお母様の思いでした。発表会へ向けての過程で、おじぎの練習にもとまどっていたイヤイヤガールは、自分でがんばる力をもったキラキラガールに大変身してくれたのでしたshine本番前のレッスンではなんと演奏にイマジネーションを入れるというところまでやったんですよ。本番はどんなおほしさまを弾いてくれたのかな。成長しようとするエネルギーに勇気と元気をもらいました。




<弾き歌い>

「ことりのうた」
Dsc01408_2_800f

鳥が大好き、当教室の鳥博士です。レッスン室に鳥モチーフのものがあると「あっ、〇〇のオス~」などと教えてくれます。そんなわけで曲目も鳥関連に。こういう歌を今どきの子どもたちが知っているのがうれしいです。最初は歌を入れて、繰り返しは1オクターブ上げて弾きました。毎日おうちでの練習もがんばっていたようで、「あのね、わたし、(自分に)きびしいの。」と言っていました(*^m^)入場やお辞儀の練習もみずから「もう一回!」と何度も練習し、お歌も臆することなくしっかり歌っていました。また、受付係をはりきってやってくれていました。




<ピアノ>

「崖の上のポニョ」
Dsc01412_800f
昨年春からレッスンをしてきて、今では音程・リズム・指番号の理解もかなり進んでいます。「ポニョ」は普段の曲からすると音数も多いのですが、やりたいことを楽しくやるのが私の発表会の方針ですからbudそれが予想以上にスラスラ弾けてしまい、前奏を足し、後奏を足し…。大人が可能性を限定してはいけませんね。本番直前に待機場所の椅子から落ちてしまうハプニングにも負けず、落ち着いて最後まで弾いていました。1曲弾けるようになったのが自信になったようで、発表会が終わってからもおうちで弾いてくれているそうです。




<ピアノ>

「くまのプーさん」

Dsc01416_800f
当教室の画伯。植物や生き物が好きだからか、「やさしく弾いてね」と言うと、涙が出そうになるくらいやさしい音が出てくる彼女。いつもの曲より数段、両手ともフル活躍する曲に挑戦することになりましたが、前半は持ち味のやさしい音色でのんびりとした雰囲気、後半は付点のリズムと左手のビートをきかせて演奏していました。前日のレッスンではおじぎの時にどうしても腕が下がってしまっていたのですが、そこもしっかりと修正して、本番では丁寧なおじぎができていました。受付係も二つ返事で引き受けてくれました。




<ヴァイオリン>

「メヌエット第1番」   (伴奏:浦 史子先生)

Dsc01424_2_800f
 
京都バイオリン・チェロレッスン」木下真希先生のクラスから、お姉さんと姉妹で参加してくれました。なんだかとってもやわらかな気持ちにさせてくれる、天使のようにかわいらしい姉妹でした。1週間前のリハーサルの日から本番は格段によくなって、繰り返しもしっかり危なげなくこなしていました。合奏をとても楽しみにしてくれていたようで、完全にお歌を暗譜して(!)参加してくれました。




<フルート>

「ホール・ニュー・ワールド」 (伴奏:浦 史子先生)
Dsc01433_2_800f
小学校6年生、レッスンに来て1年半ほどです。学校でもクラブでフルートを吹いています。レッスンではわたしの言ったことをとても忠実にやろうとしてくれていて、最近は音もす~っと通るようないい音に近づいてきましたし、演奏もなめらかになってきました。なじみはありますがリズムも、音のインターバルも広く、ブレスも長く、意外に思った通りに吹くのは難しい曲です。大好きなディズニーの曲を吹きたいという気持ちが見事に本番につながり、今までで一番いい演奏ができたのではないでしょうか。発表会でいったんレッスンは区切り、ということだったのですが本人の希望で継続してくれることになりました。



<フルート>

「You Raise Me Up」


Dsc01450_2_800f
普段はクラシックのレパートリーで腕を磨きつつ、発表会ではいつも家族共演で素敵な演奏を聞かせてくれます。今回は下のお嬢さんの伴奏で。お姉さんは残念ながらお忙しく、譜めくり係で来てくださいました。フルートは、わたしがプッシュしているのでcoldsweats01最近は音も太く、大胆な表現になってこられたのではないかなと思います。お嬢さんもちょっと見ない間にスラ~~~っとお姉さんになって、ピアノも大人っぽくなっていました。これからも家族共演楽しみにしているワタシですnote





♪:;;;:+*+:;;;:+*+♪:;;;:+*+:;;;:+*+♪:;;;:+*+


以上第1部の演奏でしたnotes


第2部へ続くhappy01













っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
notesmaple音楽教室プチ・ムジシアンmaplenotes
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)
LESSON http://flute-lesson-bird.jimdo.com/




20161120_800_3 2016年11月20日(日)
生徒発表会
@音楽教室プチ・ムジシアン宇治教室サロン













« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

music on/off

  • ♪フルート演奏をお聞きいただけます♪ドビュッシー作曲「亜麻色の髪の乙女」/フルート演奏:藤井陽子

プチ・ムジシアンへのお問い合わせ

みんなのコンサート・インフォメーション

プチ・ムジシアンフレンズ

  • 須藤英二先生
    師匠であるフルーティスト、須藤英二先生のサイト。ライブスケジュール、CD販売。ぜひ一度聞いてみてください♪ニューアルバム発売中!!
  • 上田明美さん
    いつもお世話になっているピアニスト、上田明美さんのサイト。ご本人によるブログ‟Appassionato”など。
  • 日本フルート協会
    1966年創立のフルート愛好者のための交流団体。会報の発行、コンベンションなどさまざまなイベントなどを開催。
  • ”まい”さん
    お菓子で笑顔に♪お友達まいさんの、グルメリポート、おうちで作れる簡単スイーツレシピブログ。
  • CACHE-CACHEカシュカシュお菓子教室
    当教室のイベントやコンサートでお菓子を提供していただいているお菓子教室。やさしく、あまく、癒しの世界がひろがります。
  • みんなのちから
    東日本大震災のチャリティーイベントなどを企画されている団体「Fugue」さんのサイト。
  • Handmade Bags & Goods mocomode
    ハンドメイドのバッグ製作、裁縫職人mocomode(モコモード)さんのサイト。
  • 木下真希さん
    ヴァイオリニスト木下真希さん主宰のヴァイオリン・チェロ教室。
  • YUKOLOG IN GHANA
    アフリカのガーナで感染症対策ボランティアとして働くYUKOさんのブログ。
  • 崔 理英さん
    ピアニスト崔 理英(さい・りえ)さんの公式ウェブ・サイト。
  • レストラン・ポキンズ
    京阪宇治線桃山南口駅、おいしいお料理と、ときにコンサートも楽しめるカジュアル・フレンチ・レストラン。レンタルスペースとしても利用できます。
  • L'Atelier Pêche de Vigne葡萄畑の桃
    京都・北山でフランス菓子・家庭料理&ワイン教室を主宰されている、谷麻耶子さんのサイト。
  • 松田みゆきさん
    ピアニスト松田みゆきさんのブログ。
  • 池内真理子さん
    ソプラノ歌手の池内真理子さんのサイト。丸太町教室で声楽・ピアノの指導をされています。

フルートの本・楽譜

  • ♪図解でわかるフルートの正しい指使い
  • ♪いちばんやさしいフルートレッスン
  • ♪二重奏曲集2
  • ♪二重奏曲集1
  • ♪曲集:フルートパートナー
  • ♪フルートの肖像/前田りり子
  • ♪フルートテクニックの総点検
  • ♪The Singing Flute
  • ♪ザ・フルート120号(P-L.グラーフ先生の特集)
  • ♪ザ・フルート121号
  • ♪須藤英二先生監修カラオケCDつき楽譜
  • ♪大嶋義実先生の本
  • ♪アルテ第1巻
  • ♪フルート教則本/堀井 恵
  • ♪フルート教本<導入編>/加藤克朗
  • ♪フルートレッスン小曲集1/岡村 孝二
  • ♪フルート名曲31選
  • ♪フルートでディズニー
  • ♪スタジオジブリ作品集

楽典・ソルフェージュ

演奏に役立つかも

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

趣味なび

  • 教室・スクール検索『趣味なび』

音楽教室検索