2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

イベント・アーカイブス(2018以降)

CD

ピアノの楽譜

« スイッチインタビュー~甲野善紀さん×片桐はいりさん | トップページ | 七夕の願い »

2016年7月 6日 (水)

古典派音楽の演奏法

7月になって、毎日猛暑…(;;;´Д`)
宇治教室ではひまわりが咲きそろってきました。

Dsc_2144_2
レッスンにはこんがりといい色になったおちびさん登場。

海水浴に行ってきたそうです

さて、今日も少し前のお話になります。

5月のとある日、ワタクシある講座に参加してきました。…この日も暑かった( ̄Д ̄;;

Dsc_2093

有田正広さんの講座です

「モーツァルトを中心とした古典派音楽の演奏法」

有田さんは古楽(時代ごとの楽器を用いて演奏すること。)の世界でずっと第一線で活躍されてきたフルート奏者です。

古典派音楽とはハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンなどの時代の音楽のことです。

時代によって、フルートもピアノも今とは楽器そのものが違いますし、楽譜の書き方も今とちがっています。

ですから、演奏する曲ができたときのこと、作曲家のことを知っておくのはとっても大切。

研究も進んでいきますから、変わっていくこともありますね。たとえば●●という作曲家が書いた曲だと思われていたのに、ちがった、ということもあります。

そういうわけで、有田さんのお話が大阪で聞けるとあっては、なんとしてでも出かけなければ

しかも今回フルートの曲だけではなくピアノの曲もテーマになってます!

Dsc_2011

ヘンレ版をオトナ買いして準備万端?!

有田さんの軽妙な語り口と、わたしが学生のころとはまた変わってきている古典派演奏法の解釈、演奏担当の(学生さんかな?)の方々の演奏が変わっていくのも面白く、4時間半、大変充実した時間をすごしました

もうすこし書きたいことがあるのですが、また次回m(_ _)m

っとつきあえる趣味としてフルート&ピアノ
音楽教室プチ・ムジシアン
petitmusicien@bird.nifty.jp(@を半角に直してください。)
LESSON http://flute-lesson-bird.jimdo.com/

« スイッチインタビュー~甲野善紀さん×片桐はいりさん | トップページ | 七夕の願い »

レッスン&日記」カテゴリの記事

フルートのこといろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古典派音楽の演奏法:

« スイッチインタビュー~甲野善紀さん×片桐はいりさん | トップページ | 七夕の願い »

music on/off

  • ♪フルート演奏をお聞きいただけます♪ドビュッシー作曲「亜麻色の髪の乙女」/フルート演奏:藤井陽子

プチ・ムジシアンへのお問い合わせ

フルートの本・楽譜

  • ♪図解でわかるフルートの正しい指使い
  • ♪いちばんやさしいフルートレッスン
  • ♪二重奏曲集2
  • ♪二重奏曲集1
  • ♪曲集:フルートパートナー
  • ♪フルートの肖像/前田りり子
  • ♪フルートテクニックの総点検
  • ♪The Singing Flute
  • ♪ザ・フルート120号(P-L.グラーフ先生の特集)
  • ♪ザ・フルート121号

楽典・ソルフェージュ

ボディワーク・メンタルトレーニング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

趣味なび

  • 教室・スクール検索『趣味なび』

音楽教室検索